スポンサードリンク

化学

日本の化学会社というと、関東化学、三井化学、信越化学。そして住友化学、積水化学、三菱化学に富山化学。太陽化学、中央化学に東洋化学。エステー化学、東横化学。まだまだたくさんの会社があります。

日々研究を続け、生活に役立てられる成果を提供してくれています。会社によって、力を入れている分野が異なり、例えば日亜化学は、発光ダイオードやファインケミカルといった電池の材料など、蛍光体という精密化学品の製造や販売を得意としています。大塚化学は、機能材料の分野で携帯電話の部品であったり、機能化学の分野では断熱性やクッション性にすぐれているスニーカーの底に適した素材を製造するなどしています。

 様々な研究や実験が行われていますが、会社で、また工場で、どのような機器が使われているのでしょう。どんな大掛かりな機器なのか、興味がありますね。

中古機器

工場などで使われなくなった機器は、処分されることもありますが、中古機器として中古機器専門のリサイクルショップに引き渡すと、また販売してくれます。すばらしいエコですよね。処分となると膨大な量のゴミとなります。特殊な機器なのでなおさら、使えるなら使ってもらいたいものです。
 遠心分離機、混合機、粉砕機など多種類の中古機器を、田島化学機械株式会社では取り扱っています。リユースをテーマに資源を大切に利用する姿はとても立派ですよね。第一物産株式会社では、中古機器の販売と共に修理、メンテナンスも力を入れています。整備工場を有し、保証があるので、中古と聞くと故障が心配ですが、これなら安心ですね。どちらも遊休設備の有効利用が可能なので、無駄がなく活用することができます。
 生活を豊かにしてくれる化学の力。しかしその化学の研究がエコロジーを無視していては本末転倒です。今までのように利益と便利だけを求めていたのでは未来はありません。変わる時代を見つめつつ、今必要なものを化学と共に見出していきたいですね。

化学の中古機器カテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

中古機器 化学

化学

中古機器