スポンサードリンク

電気主任技術者の資格と就職について

工場やビル、大規模なところでは発電所などの電気設備の保安管理の保全、運用などの業務を行うのが電気主任技術者です。この資格は国家試験であって、この資格があれば就職にかなり有利になります。難易度は高いですが電気主任技術者の試験と、就職情報に関しての最新情報をお届けします。

電気主任技術者

電気設備の工事などを行う業者あるいは発電、送受電設備の業務などを行う業者には電気主任技術者を専任することが経済通産省の電気事業法で義務つけられています。

電気主任技術者の資格を取るには高校、大学で電気技術の課程を修めるか専門学校で勉強する前資格が必要です。この資格があれば就職、転職などには有利になりますし管理職への近道にもなります。

電気主任技術者の資格をとるには、財団法人電気技術者試験センターが行う電気主任技術者試験をうけなくてはいけません。

試験の種類は、最終学歴により1種、2種、3種とあり高校卒業程度が1種、短期大学、高等専門学校卒業程度が2種、4年制大学卒業程度が3種になります。基本的に試験は誰でも受験できますが、ある程度の実務経験が必要になります。1種、2種、3種の違いは扱う設備の電圧の大きさです。3種になるほど電圧、規模が大きくなりかなり大規模な設備を監視、監督することになります。難易度ももちろん高くなります。

専門資格なので工業高校、大学、専門学校などで電気関係の課程を修了しているとその実務経験により筆記試験の一部が免除されることがあります。仕事としてある程度の経験も有利になる場合もあります。免除のない人は過去問題、参考書などを使って勉強することもできるのであきらめないでください。また受験のための講習などもあります。

電気主任技術者の就職

電気主任技術者の資格をとれば、今後、就職、採用の幅は広くなります。また給料、職務などにおいてもかなり優遇され重要なポストにつける確立は上がるのではないでしょうか。年収アップも夢じゃあないですよ。おもな業務は電気設備等の業務をおこなう会社おける保守、保安です。

発電所とかに就職することもできるかもしれませんし現場監督をまかされたりするかもしれません。いずれにしても責任のある重要なポストをゲットできるのです。収入、出世などにかかわるかなり重要なことではないでしょうか。
また、他の会社に転職する際も履歴書に書ける資格が一つ増えかなり有利になるのではないでしょうか。また外部委託という形で仕事をすることもできます。

実務経験のない人は、免除がないので少し難関かもしれませんが電気関係の会社にとりあえず就職してみて何らかの経験と知識を得るか、専門学校に通う手もあります。参考書などで独自に勉強するなどの努力してチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。この資格試験の門は誰にでも開かれているのですから

電気主任技術者の資格と就職カテゴリー項目一覧

電気主任技術者 就職

電気主任技術者

電気主任技術者の就職