スポンサードリンク

粗大ゴミ事情〜杉並区の場合について

東京都の西側に位置する杉並区は、都心の発展の恩恵をうけつつ、そのわりに比較的緑が多く、住みやすい住宅都市として知られています。しかしこの杉並区でも、近年、他の地方自治体と同じ様に、ゴミ・粗大ゴミ問題が大きく取りざたされています。区役所からも、ゴミ分別の方法をわかりやすく説明したり、家電のリサイクルを呼びかけたりしています。また、家庭で使用しなくなった家具や家電製品などの情報を集め、それらを必要とする人への情報提供する施設もあるそうです。

粗大ゴミの出し方

まず最初に、粗大ゴミの受付をします。杉並区では粗大ゴミの受付を、電話やFAX以外にもインターネットから申し込めるんですって!思い立ったら忘れないうちに、夜中でもOK!っていうことで、とっても助かるサービスですね。
受付をしたら、粗大ゴミに「ごみ処理券」といものを貼り付けて、氏名や受付番号を記入し、決められた回収日の決められた時間に出すといことになります。

このごみ処理券には200円のA券、300円のB券、という2種類あります。これは杉並区内の「ごみ処理券取扱所」の表示があるコンビニやスーパーでかんたんに手に入ります。

例えば、使わなくなったベッドを粗大ゴミとして出そうとするとき、シングルベッドなら900円ダブルベッドなら1600円の料金がかかるそうです。え?じゃあどういうふうにごみ処理券を使うの?と思ったら、900円=B券×3枚、1600円=A券×2枚+B券×4枚ってなるわけです。なるほどなるほど!!

その他の粗大ゴミについては、種類によって料金が分かる一覧表がありますので、杉並区のホームページで確認してね!

"粗大ゴミ"ってどんなゴミ?

では、具体的に"粗大ゴミ"といのはどういったものがあるのでしょうか?
地方自治体によって、多少の違いはあるようです。

杉並区では、家庭で使っていた電化製品や家具を、粗大ゴミとして有料で回収しています。(電化製品といっても、ブラウン管テレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンは回収できませんのでお気をつけください。)また、一辺の長さが最大30cm以上のものとなっています。

お得に!粗大ゴミの持ち込みもOKです

また指定の場所に直接粗大ゴミを持ち込むことによって、処理手数料が一律300円になる制度もあるそうです。「車があるから持ち込める。」と言う人にはおすすめです。

・・・ってここまでいろいろ粗大ゴミについて言いました。でもちょっと待って!まずは、粗大ゴミに出す前にリサイクルショップに問い合わせることをお勧めします。

あなたがゴミだと思っていても、ひょっとしたらそれを必要とする人がいるかもしれません。ゴミも減らして人の役にたって、おまけにちょこっと収入にもなったりして・・・。一石三鳥かも!

粗大ゴミ事情〜杉並区の場合カテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

杉並区 粗大ゴミ

粗大ゴミの出し方

"粗大ゴミ"ってどんなゴミ?

お得に!粗大ゴミの持ち込みもOKです