スポンサードリンク

芝生を虫から守る手入れについて

一面に緑が広がる芝生は見ていても美しいですし、思わず手足をのばして寝っ転びたくなりますよね!管理された公園やゴルフ場を見ていると本当に美しいので、我が庭にも・・・とガーデニングで芝生を植える人は多いですが以外に芝生って虫の被害にあいやすいようです・・・そんな芝生の手入れ法について調べてみました。

害虫

芝生の育て方で最も重要なのが根作りといわれますが、虫のコガネムシや蛾の仲間が芝生に卵を産み付けることがよく見られます。
卵がかえったあとの幼虫は芝生の根っこを食べて生息していきます。

そうすると芝生は虫に根を食べられたため水を吸い上げることができなくなるので枯れてしまいますが、根は地面下にあるためになかなか気づくことができず、芝生が枯れることによって初めて気づく場合が多いようです。

しかしその時にはすでに遅し・・・害はひろがっているのです。

このような害を防ぐには虫が卵を産み付ける前に殺虫剤を撒くなどして駆除しなければならないのですが、なかなか難しいものです。

また被害確認後に殺虫剤をまいても害虫の種類によって効果の出方は変わってきますし、土の中の幼虫を駆除しなければ効果がないので、早期発見 早期対策として専門の方のアドバイスを参考にしながら、慎重に対処したほうがよいでしょう!

芝刈り

芝生の手入れで欠かせない仕事の一つが芝刈りでしょうか?
あんまりしたくない仕事の一つですけどね・・・

特に日本の5月から9月ごろの暑い時期には芝生の成長もはやくなるのでひと月に1度は芝刈りを行いたいものです。

芝生の成長が早いので一度に短く刈ってしまえば・・・と刈りすぎると雑草などが生えやすくなってしまうのでお勧めできません。

刈った後の芝生が4pから5pほどになるような刈り方がベストですね!また芝刈り後には芝屑をレーキや熊手などを使用して掻き出して捨てて下さい。芝屑をそのままにしておくと病気などになる原因となります。

価格は高額ですが最近では芝生を刈るのと同時に芝屑を吸い上げてくれる電動芝刈り機も発売されているので広いお庭の手入れなんかだったら購入する価値があるかもしれませんね・・・

水やり 肥料

水遣りは春先には週に1度そして夏になると乾燥しているようなら毎日、そうでなくても1日おきに水やりをする必要があります。秋から冬にかけては月に1〜2回程度でよいようです。

また栄養分として肥料も必要となります。高麗芝の場合5〜8月、西洋芝は4〜6月と9〜10月の2回撒くとよいでしょう。肥料の成分は窒素・リン酸・カリが主体となっているものがベストです。ホームセンターなどで芝生の肥料として販売されています。

また肥料もやり過ぎると雑草などを生やす原因となり逆効果となりますので、容量用法をよく確認して使用する必要があります。

芝生を虫から守る手入れカテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

芝生 虫

害虫

芝刈り

水やり 肥料