スポンサードリンク

軟骨肉腫について

軟骨肉腫とは、軟骨性の悪性腫瘍のことをいいます。骨肉腫の次に多いといわれる骨原発肉腫です。現在のところ、原因はわかっていないそうです。この病気は、字のとおり、軟骨を作っている細胞ががん化したものです。特徴としては、30代以降のわりと高年齢で発生することです。また男女非では2:1ともいわれ、比較的男性の患者さんが多いといわれています。治療法としては、手術での切除が一般的です。また、化学療法や放射線療法の効果は、骨肉腫やユーイング肉腫のような効果が期待できないようです。

"肉腫"と"悪性腫瘍"

そもそも「肉腫」というのは、筋肉や骨、血管にできる悪性の腫瘍のことを言います。その肉腫には、癌腫は入りません。

癌腫は上皮細胞からなるものですが、肉腫というのは、上皮細胞以外からなる悪性の腫瘍の総称といえます。

そこで、じゃあ、悪性の腫瘍って何?となりますね。悪性の腫瘍というのは、細胞が増殖していくスピードが速く、転移していくようなものを指します。

また、これには命の危険もともないます。ポリープなどの良性腫瘍とはずいぶんちがいますね。

軟骨肉腫について

転移する危険性は、あまり高くはありません。しかし、一度転移してしまうと、化学療法や放射線療法が効きにくいため、治療が困難になります。

転移を防ぐためにも、まず最初の手術で、広範囲にわたる切除を行い、病巣をのこさないようにすることが大切です。

初期症状としては、腫瘤が小さいときはあまり痛みがないようです。その反面、痛みを伴うほどになると、大きな腫瘤が自分でわかるようになります。

初期症状があまりないことから、気づいたときには手術が難しいような場合もあるようです。

病気の予防

どんなに重い癌や病気であっても、昨日今日に突然発症するものはまずないですよね。

では、病気を予防するために、一体何ができるのでしょうか?

私は、まず第一に検査を受けることだと思います。特に若い世代の人たちは、まだまだ元気だと自分を過信しているような気がします。「なんか調子が悪いなあ」とおもったら、迷わず病院へいくことです。

以前は、肉腫や癌というと、もう治らないイメージがありましたよね。でも今はそんなことはありません。早期発見早期治療といいますが、まさにそのとおりだと思います。

「自分だけは大丈夫!」なんて変な自身を捨てて、必ず定期健診をうけるようにしましょう。あなた自身のためだけでなく、大切な家族のためにも!

軟骨肉腫カテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

軟骨 肉腫

"肉腫"と"悪性腫瘍"

軟骨肉腫について

病気の予防