スポンサードリンク

予備校のMEDiCについて

大学受験に望む受験生にとって、予備校や塾選びは重要なポイントの一つとなります。また予備校側も一人でも多くの合格者を輩出させるため、授業内容や知識豊富な講師の獲得に力をいれています。受験生の方は受験を考えている大学や学科また資格に照準を合わせて予備校も選んでいるかと思いますが、競争激しく熾烈な戦いを強いられる医学部を目指す受験生が通う医進予備校MEDiCについて調べてみました。

MEDiCの実績

医進予備校MEDiCの歴史は古く1975年に関西の大阪・天王寺に高等進学塾として初めて開校されました。そして2006年に医学科を目指す高校生を対象として現在の医進予備校MEDiCとして開校されています。

しかしMEDiCからの合格輩出率は高く2007年の開校初年度には在籍人数がわずか29名なのに対して合格者は大阪医科大学3名・関西医科大学4名・近畿大学医学部4名・兵庫医科大学3名・和歌山県立医科大学2名・愛知医科大学3名・岩手医科大学2名・防衛医科大学校1名・東京医科大学1名・帝京大学医学部1名・富山大学医学科1名・徳島大学医学科1名川崎医科大学1名・獨協医科大学1名またその他にも歯科学部・薬学部は多数という他の予備校と比較しても素晴らしい合格実績をのこしております。

そんなMEDiCの開講予定クラスは国公立医学科選抜クラス、国立私立医学科選抜クラスは定員30名そして私立医学科難関クラス、私立医学科標準クラスが店員10名で予定されています。このクラス分けには選抜クラスの場合には、模試テストなどの成績による一定基準を満たしていないと入学できません。
私立医学科難関クラス・私立医学科標準クラスは入学時のテストによってクラスが決まりますが、少人数制なので授業がわかりやすいと予備校卒業生にも評判はよいようです。

授業

厳しい予備校の入学基準を満たし入学した後も、受験に勝ち抜くまでは気が抜けません。medicでは学習したことをきっちりと理解しているかどうかの確認も兼ねながら5月から11月までの毎月、月末テストを行っています。

この月末テストはクラス替えの意味をも含んでおり、成績のランキング次第でクラスランクのアップやダウンにつながります。そのため生徒は毎月しっかりと勉強しなければいけませんが、ある意味このテストの結果を出すことでモチベーションを保つことができるのかもしれませんね。しかしこの競争条件に身をおかれても競争に打ち勝つだけの気力や体力そして知力がなければ受験には望めなくなります。
MEDiCではしっかりと学習面と精神面のケアを講師の方が行っております。

また勉強を教えるだけではなく勉強の仕方、計画の立て方そして生徒ひとりひとりのやる気を最大限ひきだし受験に打ち勝つだけの力と環境が提供されています。

予備校のMEDiCカテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

予備校 MEDiC

MEDiCの実績

授業