スポンサードリンク

どんな時に内容証明をつかうの?

多くは、契約違反の場合や、相手の考えを探るような場合に利用されます。そうすることで、のちのち裁判や訴訟などの証拠になります。賃貸借契約更新、契約解除、クーリングオフ、債権譲渡、またいろいろな理由で証拠を作るという場合には、内容証明は有効といえるでしょう。

また、いきなり内容証明を送るのではなく、最初は普通郵便などで相手の反応をみるという方法もあります。相手に誠意がみられるときや、こちら側(出す方)に弱みがあるときなどにはできるだけ内容証明を出さずに解決したほうがいいことも多くあります。

また、内容証明には書き方や出し方にいくつかの決まりがありますので、せっかく作成した内容証明が無効にならないように気をつけましょう。

内容証明に使用する用紙は?書き方は?

文具店などに、内容証明専用の罫線が書かれた用紙(赤いマス目の用紙)が販売されていますが、基本的にはどんな用紙を使ってもかまいません。パソコンで作って印刷することもできますし、大きさも決まっていないそうです。形式としては、縦書きでも横書きでもどちらでもいいのですが、26行以内、文字数は一行20文字以内にします。

書く内容は、何でもいいとされています。ですが、後々裁判などの証拠として使われることも考えると、できるだけわかりやすく、下品な表現などは避けたほうがいいと思います。書き間違えたときは、二本線で消します。決して、塗りつぶさないようにしましょう。そして、できた内容証明を3通つくり、自分用、相手への送付用、郵便局での保管用を用意し、捺印します。最初に用紙を用意するときには、多めに用意すると安心ですね。

内容証明を出すときの注意

トラブルの回避や解決には有効な手段ですが、時に逆効果になることもあります。相手の気持ちを考えたうえで、法的根拠を踏まえ、内容には特に注意しましょう。感情的になりすぎず、冷静に内容を読み返すことも必要ですね。

内容証明に使用する用紙カテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

内容証明 用紙

どんな時に内容証明をつかうの?

内容証明に使用する用紙は?書き方は?

内容証明を出すときの注意