スポンサードリンク

江ノ島の見所と小屋について

江ノ島とは神奈川県にある陸繋ぎの島ですが、本島から近く観光デートスポットなどで有名です。夏は海水浴場となり海水浴の人で賑わいます。江ノ島といえば江ノ島電鉄も有名ですよね。今回はこの江ノ島と、岩屋と呼ばれる小屋などについての最新の情報をお届けします。

江ノ島観光スポット

江ノ島はその名前の通り昔は島だったのですが、関東大震災のときに土地が隆起して現在のような陸繋ぎになりました。1周約4Kmの小さい島ですが、海が近いので関東では行きたい観光スポットNo.1です。都心から近いので夏は海水浴客で賑わいます。

首都圏に位置しているのですが、結構宿泊客も多く旅館やホテル、民宿などの宿泊施設もあります。ホテルにはアイランドスパと呼ばれる温泉もあります。有名な観光スポットは日本三大弁才天として有名な江ノ島神社、ここには三人姉妹の女神様が祭られていて特に女性に人気がある神社です。縁結びのお願いにでもみんな行くのでしょうか?三人も女神様がいるのだからご利益がありそうですね。次は展望台。江ノ島の標高は約60mほどでそれほど高くはないのですが晴れた日には、ここから伊豆半島や、箱根、三浦半島、富士山までを見ることができます。またこの展望台は土日祭日は夜もナイター営業されているので夜景を楽しむカップルでごった返した有名なデートスポットです。

子供連れの観光客には江ノ島水族館がおすすめです。この水族館は他の水族館と少し違いサメやエイに直接触れることができるタッチングプールがあります。サメやエイに触るといっても飼育員の監督下でさらに安全に訓練されている魚たちなので安心して子供たちに触れさせてあげることができます。海岸線の地形も複雑で面白いです。なぜかというと周囲は全て岩になっていて侵食によって出来た岩屋と呼ばれる海食洞やこの海食洞が隆起した岩場は絶好の釣りスポットです。

釣りといえば江ノ島の名物はシラスと呼ばれ小魚のなかでもとりわけ小さい魚です。地元の食堂ではシラス丼とよばれるご飯にシラスをたっぷりとかけて食べる丼物が有名です。島の周辺の海域では有名なダイビングスポットも散在しています。また夏は、海水浴場として有名で海の家と呼ばれる小屋がビーチに沿って建てられます。

アクセス

東京近郊に位置しています。江ノ電に乗っていくのが一番ポピュラーな交通手段ですが、湘南モノレールやJR鎌倉せんでも行けます。陸続きなのでマイカーでも行けますが、休日の混雑を考えるとあまり賢明な手段ではないと思います。たちまち交通渋滞に巻き込まれてしまうでしょう。宿泊施設は、温泉や、プールを併設した大規模な大手の経営するホテルもあります。イベントとかもよく催されるので地図を片手に一度でかけてみればどうですか?

江ノ島の見所と小屋カテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

江ノ島 小屋

江ノ島観光スポット

アクセス