スポンサードリンク

淡路島にあるコテージについて

ご存知の方も多いでしょうが、兵庫県の淡路島には、たくさんのコテージがあります。海に囲まれた豊かな自然に魅力を感じ、毎年たくさんの人が旅行で淡路島を訪れます。釣りや海水浴、マリンスポーツなどのレジャーもさかんですね。また関西圏からのアクセスは抜群です。その中でも貸しコテージは、見晴らしのよい島のあちこちに分布しています。家族や気の合う友達同士で、自宅にいるのと同じように、気兼ねなくくつろげることがその人気の秘密です。また、コテージを別荘として、あるいは第二の家として購入する方もたくさんいらっしゃいます。定年後のご夫婦で。また、何組かの若い夫婦がシェア型の別荘として利用したりと、その使い方はさまざまです。

コテージってどんな感じ?

ひとくちにコテージといっても、施設、利用の仕方は多様です。キャンプ場の中にあるもの、ビーチの近くにあるもの、ログハウス風のものなど。

淡路島にあるコテージでも、ベッドとトイレだけが用意されているようなシンプルなものもあります。もちろん、キッチン、バスもついているところもありますので、家族構成や旅の目的にあわせて選ぶといいですね。

食事は別の所で済ませてくるのであれば、施設はシンプルなもので十分でしょう。また、皆でワイワイ料理を作るのが楽しみという人もいますよね。そういう方は、キッチンに、炊飯器や冷蔵庫、ポットなどがあるのかどうか、キッチンツールが一揃いあるのかどうかを確認するといいでしょう。

その他、淡路島のコテージによっては、ペット連れで旅行する人のためにも、ペット可の施設があったり、ドッグランがあったりと、家族で気持ちよく過ごせる工夫があります。こちらも要チェックですね!

利用するときの注意点は?

旅館やホテル、一般の宿泊施設と違って、パジャマやアメニティーなどの備品が置いていないことが多いようです。何があって何がないのか予約時によく確認しましょう。

また、自分たちで食事を作るという時には、とくに持ち物に注意が必要です。あまり難しいメニューよりも、手早く簡単に作れる物がいいでしょう。

コテージの居心地が良すぎると、まるで自分の家にいるよう!ここが淡路島だということを忘れてしまうかもしれません(笑)だからといって、必要以上に部屋を汚したり、物を壊したりしないよう気をつけましょうね。あくまでも、"借りている部屋"ということをお忘れなく!

コテージを購入するのはどんな人?

また、淡路島にコテージを購入し、別荘として使われる方もいらっしゃいます。

定年後の新しい生活の拠点として、豊かな自然の中で暮らしたいと淡路島に移住される方も多いとか。大阪や京都方面にも近く、交通の便もよいので、生活に不自由することもなく、ほどよい田舎暮らしができそうですね。

また、中のいい家族同士で、別荘をシェアすることもできます。淡路島には年に数回しか行かないし・・・・という方におすすめです。

使う日にちを、お互いに計画的に決めておけば、淡路島に憧れのコテージが半分の費用で購入できますね。

淡路島にあるコテージカテゴリー項目一覧

スポンサードリンク

コテージ 淡路島

コテージってどんな感じ?

利用するときの注意点は?

コテージを購入するのはどんな人?